手荒れのケアにはハンドクリームとナイト用手袋がオススメ

美香さん(35歳、女性)の体験談です

冬の手荒れに悩み続けてきました。冬の手荒れは、毎年冬になると必ず悩まされてきたので、うんざりしていました。

高いハンドクリームを使うと、それなりに一時的に潤うのでガサガサやささくれも落ち着きますが、1時間くらい経つとまたすぐに指先が荒れてきます。

自宅の炊事作業が多い方なので、冬の時期のゴム手袋は必需品になっています。指先が補強されたタイプのゴム手袋を使っていますが、炊事仕事が多いだけあって、すぐに手袋がダメになることもあります。補充の手袋がないときは、そのまま素手で水仕事になるので、手荒れは悪循環でした。

手荒れがひどいと日常生活に支障が出てきます。ストッキングすらうまく履けないからです。必ず伝線させてしまうからです。

手袋をつけて履くというやり方もあるようですが、時間のないときは、そんなこともしていられません。これだけ手荒れというのは、女性の日常生活に影響が出てきます。

そこで、最近やりだした手荒れ対策があります。

100円ショップのダイソーで、ナイト用手袋を見つけました。100パーセント綿素材でできているものなので、着用していてもストレスを一切感じません。

肌触りも心地良いので、付けていても外したくなるとうことがありません。

ナイト用手袋をする直前に、ハンドクリームを多めに手全体に塗りこみます。その後にナイト用手袋を着用します。

着用日の翌朝からたった一晩で、起きたときの指先がしっとりしていたことを確認できたときは、とても嬉しかったです。

今までは、朝起きると、指先がガサガサで指紋全体の皮がめくれ上がっているひどい皮膚を目の当たりにしては、ため息を付きながらハンドクリームを塗っていました。

でも、ナイト用手袋をしてからは、そういうことがありません。

ただし、注意点として、一晩しっかりと着用していないと、翌朝、手が潤っていません。

就寝中に無意識に外してしまうこともあるので、その辺は注意した方がいいです。

私は、日中でもナイト用手袋をして過ごすこともあります。ハンドクリームの浸透率も良いようで、手がきれいになりました。

手は、女性の日々の顔のスキンケアの手入れでも使う部分なので、荒れ放題の手でお手入れは避けたいので、ナイト用手袋は、オススメの美容法になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ