リップケアを念入りにしてます

lolaさん(26歳、女性)の体験談です

唇がとても乾燥しやすいので、リップケアを出来るだけ頑張るようにしています。

多分肌のケアよりも頑張ってます。

唇は元々乾燥しやすい部分です。

なぜかというと、肌と違って皮脂腺が無いため、自力で保湿する力が無いんです。

なので乾燥しやすいし刺激にも弱い部分です。

とりあえず、リップケアの基本はリップクリームを塗るということだと思います。

荒れているとグリグリ塗ってしまいがちですが、刺激になって余計荒れてしまうということもあるのであまり力は入れないようにします。

因みに、リップは横に塗るよりも縦に塗った方が効果はアップします。

なぜかというと、唇のシワは縦に入っているので、シワに沿って塗っていったほうが刺激にもなりづらいし浸透しやすいからです。

リップクリームは好みのもので良いと思います。

ただ、夜に使うリップはUVカット効果が無いものの方が良いと思います。

UVカットが刺激になる場合もあるので、荒れが酷いという人はUVカット効果のあるリップは昼だけにした方が良いかもしれません。

また、口紅やリップグロスを塗るときは直塗りせず、リップクリームを下地にするようにしています。

口紅やグロスだけだと乾燥するし、色素沈着も気になるからです。

ただ、リップクリームの油分で口紅やグロスの発色が悪くなることがあるので、そういう時は発色を邪魔しないリップを使うか、リップを塗った後軽くティッシュオフすると良いです。

しかし、リップクリームの塗りすぎも注意が必要です。

いつでもどこでもリップを塗っていないと落ち着かないというリップクリーム依存症という症状もあるらしいです。

塗りすぎも逆に刺激になって荒れを進行させてしまう場合があります。

1日にリップを5回以上塗っている人は要注意です。

唇をコットンパックするのも効果があります。

コットンに化粧水をひたひたに含ませ、1〜2分くらい唇をパックするだけです。

その後いつも使っているリップを塗ります。

リップクリームで油分ばかりを与えるのではなく、肌のケアと同じように化粧水で水分を与えた後リップで油分をプラスするという方法はかなり効果が高いです。

最近は唇用のパックやスクラブなども多いので、そういったものを活用するのも良いです。

唇用パックをした次の日はリップを塗るのをサボっても普段より乾燥を感じなかったので、またやろうと思います!

サブコンテンツ

このページの先頭へ