手作り炭酸パック

ここさん(27歳)の体験談です

季節の変わり目など、お肌の調子がイマイチなときにオススメなのが、炭酸パックです。
即効性があるので、普通のシートパックでは物足りない方にぴったりです。

こちら市販のものはいいお値段がするので、今回は安価な材料で手作りする方法をご紹介します。

【材料】
・グリセリン10g
・キサンタンガム5g
・精製水40ml
・重曹10g
・クエン酸5g

【作り方】
①容器にキサンタンガムとグリセリンを入れ、混ぜ合わせます。
②精製水と重曹をここに加え、よく混ぜます。ジェル状になってきたらオッケー!
③クエン酸を混ぜます。クエン酸を入れるとすぐに泡がしゅわしゅわと出てくるので、泡を潰さないようにさっくりと混ぜ、それを顔に塗ります。
④ラップなどで顔を覆い、30分程度おきます。
⑤お湯で洗い流せば完了!

※③の手順は顔に塗る直前に行うようにしてください。

塗ってすぐはピリピリ感があってびっくりしますが、少し経てば平気になります。
洗い流した瞬間からお肌がつるつるになっているのが実感できるので、おすすめです!

アレンジとして、クエン酸を入れる前にパールパウダーやはちみつを入れるのも良かったです。
つるつるお肌を目指している方は一度ぜひお試しください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ